これから数年間は世界の中心 が東京になります。超能力者や異能集団やいにしえのも のどもが入り乱れて人類の未来が決まります。

2003年の*ペ ンタゴンレポートによると、地球はごく短期間の温暖化を経てすぐに氷 河期に突入します。
地球の環境収容力の急激な減少の ため2020年から世界中が不安と混乱の時代に入ります。
https://www.youtube.com/watch?v=Wx0aBVozeVM
年収300万円の時代が来ると言い当てた著者が、これからは年収10万円が大多数になると発言しちゃいました。
東京の有名大学を卒業して年収100万円という知人もいます。これからは勝ち組ですね。
経済大国のはずの中国では農家の年収はいまでも10万円で、しかも下がり始めています。
https://blog.goo.ne.jp/haruwayuku/e/0f3a6a591aec8c1cb2111667b8b1d615
RPAやAIでホワイトカラーもブルーカラーも5年以内に消滅する。バブル世代のOLなんてありえない。
https://www.orangeitems.com/entry/2019/04/04/000100
大企業ほど生き残りをかけて45歳定年制で、一見正社員に見える個人事業主採用のため、
手取り収入月16万円が成功者と言われるようになる。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/55428?page=5&fbclid=IwAR33e55-CP3L-vPIorsRU4_4enHwTLrJ3ZGpCa-FnDyC6SPsH3IEeS5pm0I
いまは人手不足で最低時給もあがったと思われるかもしれないが、奴隷労働やIT人材が一時的に不足しているだけだ。
時給がここまで上昇したのでロボットをリースした方が安上がりになった。
だから30歳でリストラの声まで聞こえてきた。
https://toyokeizai.net/articles/-/5677
シンガポールで起業したスーパーメディア草莽塾では将来まで見越した進学進路指導をおこなっているので、
いわゆるサラリーマンOLコースは誰もいない。東大医学部、浜松医科大医学部、帯広畜産大獣医、早稲田大慶應大、
防衛大、日大芸術、東北大、名古屋大やイギリス・オーストラリアなどの海外大学だ。
もちろん高校や中学も未来像の描ける選択をアドバイスしている。早稲田渋谷シンガポール高校や慶應ニューヨーク高校に、
こちらも塾生の受験生全員が合格している。中学受験生も慶應普通部・中等部などに合格している。
指導スタイルとして叱らない強制しない、無理な宿題も出さないというのも特徴だ。そのせいか女子の成績向上も著しく、
東大医学部、東北大、名古屋大、帯広畜産大、東大経済や都立国立高、早稲田渋谷高などは女子が合格している。
生産性の悪い長時間勉強が必要ないのは、ひとりひとりの個性に合わせた完全マンツーマン指導だからだ。
通常学年で週に1−2時間、受験学年でもその2倍程度で第一志望に合格できている。数年前からインターネット授業に
移行し、一度体験した生徒たちが通塾の無駄がないとついに全員スカイプ授業になった。すぐ面前に先生がいるようなので、
集中して効率も良いから、成績の向上速度も増した。特別なマイクやヘッドホンは不要で、スタジオにある黒板以外に
無料の双方向電子黒板も使え、プリントや画像・ビデオ教材もその場で利用できる。
ほかの教材としては英検漢検数検テキスト以外に、中学受験しない生徒にも四谷大塚の「四科のまとめ」を習熟させている。
通常の授業の流れは、まず課題をできる範囲で解いてもらい、出来なかったり出来たけど大変だった問題を丁寧にわかりやすく解説し、
理解した後は繰り返し練習してもらう、最初は高校生でも小学生レベルの復習からはじめて間違って覚えていたところや
学習漏れを解消していくのがコツです。全学年全科目対応なので学校の宿題や定期考査の質問にもその場で教えています。
さて、はじめに申し上げた変化は既に始まっています。サバイバルのために残された時間はあと数年だけです。状況の激変で資産などストックは
あっという間に消えます。フローを確保できる稼ぐ力は常に 変化に対応して生涯学習する勉強力です。

2025年までに起こりそうなこと、そしてその解決策
1 日本から飢餓輸出が始まる
気候の急激な変動による世界的な食料不足や日本人の貧困化や円安で、日本の良質な食料は海外の富裕層に買い占められる。
引き続くデフレのなかで食料費だけは5倍以上に値上がりする。
2 サラリーマンがいなくなる
RPAやロボットやAIのため、一般的なサラリーマンの仕事がなくなる。あるのはマックジョブや力仕事をやるロボット
をサポートする、自動運転のくるまで助手席に座るような仕事。将来的にはこれもなくなる。
https://www.kaonavi.jp/dictionary/white_collar/
3 築15年以上の家賃はただになる。
いまでも空き家問題で大変なのに、さらなる少子化や農地の宅地並み課税などで、最新設備の整わない住宅は
首都圏でもワンルームなら家賃2万円以下で住めるようになる。持ち家は不良資産になる。
4 平均年収が手取り100万円以下になる。同一労働同一賃金で手当ても残業もなくなり、失業の自由だけはある。
年功序列廃止でずっと初任給のまま、正社員だと思っていたら実は偽装で、労働条件は個人事業主扱いだったりする。
https://ac-as.net/sole-proprietorship/
5 若者の平均余命が半減する
いま20歳の男性は80歳まで生きることになっているが、2025年に成人する男女はシエラレオネの人々のように、
50歳で健康年齢を終えるかもしれない。国も国民も貧乏になってくるからだ。十分な栄養が取れず、AI・ロボットの
下働きで消耗し満足に医療も受けられなくなれば当然そうなる。若者の平均余命は60年から30年に半減する。
とりあえず年金問題は解消しそうだ。
6 ストック(資産)が無意味になる。
1億円ちかい持ち家をもっていてもローン完済のときには築30年で住むのには適さない。もちろん売れない。
株も一般投資家は儲けられない、貯金もマイナス金利が個人にもやってくる。
生涯教育、個人に投資で、フロー(稼ぐ力)をつけていないと生き残れない。
8 手動運転が禁止される。
自動運転技術がほぼ完成し事故率が人間より低くなるので、自由な運転は禁止される。タクシーも運送トラックも
宅配も、ついにはレストランの店内での給仕も小型の自動給仕カーがやるようになる。
9 人間らしい行為は全て制限されるようになる。
中世教会の時代は暗黒時代とも呼ばれているが、実は小氷期で食糧生産が乏しく当時の絵画のように陽光も不足していた。
そのため人口増加は喜ばしいことではなく、いまでも人口過剰で社会的ストレスが多く地域によっては人権も人命さえ尊重されない、
そんな状況が一般的になる。小氷期を脱して黒死病による労働力の不足という条件が整って、ルネサンス、ヒューマニズムの時代が
幕開けとなる。新しい「人間の時代」まで100年もしくは数百年待たねばならない。
10 金融のゼ ロシステムが始まる
最終的にBIになるが、予算の制約もあって、個人信用システムと連動した新しい社会システムが議論され始める。
時々刻々と評価されて決まる個人個人のポイントで、そのとき使える金額が変化する。常時身に着ける義務のある
スマートウォッチあるいは埋め込み端末に残高がないとコンビニにも入れない。もちろん交通機関も使えない。
11 治安維持がいちばんの問題となる。
http://youjinkeigo.jp/?fbclid=IwAR1uMWO9XVH2Jvh24G-IxzTknIi4qlwpPHN7cuAqzoEe9KWQOq_7HIbwXEA
戦乱の時代は悪源太など、「悪」がカッコいいという意味で使われた。
https://www.youtube.com/watch?v=E70zblRFyUE
12 そしてペンタゴンレポートの予測のように、2025年までに
地球人口は削減される。核戦争や飢饉、伝染病や天変地異などのさなかに
超能力者や異能集団やいにしえのも のどもが入り乱れて人類の未来が決まります。

スーパーメディア草莽塾 ←ここをク リックhttp://supermedia.press.ne.jp
スーパーメディア/草莽塾  supermedia@ruri.waseda.jp *お問い 合わせ
電話番 号:080−7564−0501